トレンド速報

ギャラリー
  • 【社会】「トイレ休憩以外は止まれない。限界まで走るのが常識な会社」山陽道トンネル事故、元社員が証言
  • 【芸能】 川谷氏率いるゲス。の解散を求めるオンライン署名活動が開始される 「不道徳で不真面目で音楽以前の問題」
  • 【芸能】ショーンKの現在の様子 所属事務所社長が語る 「4月からどうやって生きていけば」
  • 【競馬】 藤田菜七子騎手に厳しい現実… 良血馬の騎乗依頼されるも馬主の意向で破談に…
  • 【競馬】 藤田菜七子騎手に厳しい現実… 良血馬の騎乗依頼されるも馬主の意向で破談に…
  • 【競馬】 藤田菜七子騎手に厳しい現実… 良血馬の騎乗依頼されるも馬主の意向で破談に…
  • 【競馬】 藤田菜七子騎手に厳しい現実… 良血馬の騎乗依頼されるも馬主の意向で破談に…
  • 【競馬】 藤田菜七子騎手に厳しい現実… 良血馬の騎乗依頼されるも馬主の意向で破談に…
  • イチロー「筋トレするやつはバカ、トラやライオンはウエイトトレーニングしない」
【お知らせ】
トレンド速報はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

【テレビ】<日本人の弱いところを突かれた?>ショーンK詐称疑惑 「Fランク大学」に入学し卒業後に名門大学の大学院に入学


1:2016/03/17(木) 07:53:33.09 ID:
またしても、すっぱ抜いたのは週刊文春である。
同誌がフジテレビで4月から始まる報道番組「ユアタイム」の司会に決まっていた、自称経営コンサルタントのショーンKことショーン・マクアードル・川上氏に学歴詐称疑惑があると報じた。

テレビ各局には早刷りといって、前夜に発売前の週刊誌が届く仕組みがあるのでこれを使って、各ワイドショーが、記事を広げる。
週刊文春は甘利元大臣の疑惑を始め、SMA事務所首脳実名告白、ベッキー&ゲス川谷不倫騒動など、世の中の耳目を集めるスクープを連発している。
発表に頼らない調査報道が徹底していることに関しては新聞やテレビメディアを圧倒している。

朝日新聞社「AERA」などは、「なぜこんなにスクープを連発するのか」というインタビューを新谷学・週刊文春編集長に対して行っている。この自虐記事は面白かった。
毎週、週刊文春を読んでいるとわかることだが、新谷編集長が休養している期間の週刊文春は「ひどくつまらない」という印象がある。スクープの連発は新谷編集長が復帰した後からである。

指令塔の優劣というのは雑誌やテレビ番組レベルの人数を指揮するときにどうしても必要なことであるのだと思う。
また「報道ステーション」(テレビ朝日)は、発売前の週刊文春の記事「TPP立役者に重大疑惑 甘利明大臣事務所に賄賂1200万円を渡した」の内容を許可なく使用し報道した、として抗議されている。

さて、筆者がショーンK氏を初めて見たのは、その「報道ステーション」のコメンテーターとしてである。
コメント内容についてはどうこう言うまい。第一印象は「こう言う人物をどこで見つけてきたのだろう」というのが率直な感想だった。
外国人でありながら、東洋的な面差しもある。甘いマスクのいい男だ。何者かよく分からないものの、そう感じた人は多いのではないか。

それよりなにより低音で、押しつけがましくない美声。中高年にはおなじみのTOKYO FMの名ラジオ番組「ジェットストリーム」の城達也さんを彷彿とさせる。
テレビ局は自社で、キャスター、コメンテーターを育てる努力を怠ってきたために人材不足になっている感は否めない。外部に人を得ようとする努力も足りていないようにも思う。

ショーンK氏を初めて見た時は、「さすが視聴率のよい『報道ステーション』だ。人捜しも頑張っているんだな」と素直に感心したテレビ関係者は少なくないはずだ。

そしてその人気にフジテレビが飛びついた、というのが今回の図式であろうか。ところが、ショーンK氏がテンプル大学で学位をとり、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAをとり、
パリ第一大学に留学したと言う公式サイトの掲載情報が虚偽だというのである。

これが詐称だとすると、経歴の作り方には少し笑ってしまう点もある。また、『騙されても仕方がないか」と感じてしまうリアリティもある。
まず、テンプル大学はそれほど難しい大学ではないが、ハーバードとパリ第一大学は入学するのが言うまでもなく難しい。世界最高峰の難関大学である。このあたりは実に絶妙だ。つまり、

「ああ、この人は学歴ロンダリングしたんだな」
と感じられるところにすごくリアリティがあるのだ。わかりやすく日本の大学にたとえれば、誰でも入学できる低偏差値のいわゆる「Fランク大学」に入学し(一念発起したと仮定して)、
卒業後に名門大学の大学院に入学し、それでは飽き足らず、他の名門大学にまで行ってしまう・・・というようなイメージだ。学部では最難関でも、大学院に関していえば、入りやすい名門大学は多い。

>>2以降につづく

メディアゴン / 2016年3月16日 21時42分
http://news.infoseek.co.jp/article/mediagong_15774/

【テレビ】<ショーンK氏経歴詐称騒動>いまのところ、テレビ局が自ら積極的に検証しようとする雰囲気はない それでいいのだろうか?
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1458137500/
38:2016/03/17(木) 08:15:17.40 ID:
>>1
>>2
嘘をついた本人批判、見抜けなかったマスコミ批判はそこそこに
日本人批判、日本批判に持って来る、今の反日マスコミの典型じゃんw

取材する権利や手段を持ってる情報のプロが騙されて…って言うより
知ってて本人と一緒になって日本国民を騙してる可能性のほうが高いがw

一般人はマスコミを通してしかテレビに出てる人間の素性なんて
そのマスコミを通してしか知りようが無いのに。

そして同業者のマスコミが
最も責任があるはずのマスコミの責任をスルーして
このように日本人を批判w

日本国民、マスコミ連中から、いいように遊ばれっぱなしw
137:2016/03/17(木) 08:56:13.16 ID:
>>1
>外国人でありながら、東洋的な面差しもある。




そもそも騒動以前から川上の事を「外国人」として見ていた人自体殆どいないだろ
どんだけズレてるんだ
153:2016/03/17(木) 09:00:10.74 ID:
>>137
そもそも、さかなクンさんが出てきた切っ掛けは
やたら魚に詳しい高校生って所じゃねぇか
139:2016/03/17(木) 08:56:32.12 ID:
>>1
(1/5)
■3月16日発売 週刊文春 3月24日号
フジテレビ“新ニュースの顔”の正体
ショーンK【ショーン・マクアードル川上(47)】の嘘
締切直前、本人が本誌編集部にやってきた!

・「報ステ」「とくダネ!」で人気の【経営コンサルタント】
・【ハーバードMBA取得】も【テンプル大卒】もでたらめ
・【世界7都市に拠点】だが米パートナー顔写真は別人
・本名は【川上伸一郎】高校同級生は「えっ、顔が違う!」
・記者が疑惑を質すと低温美声で「それはダメだと思います」

【四月四日からフジテレビが社運を賭けてスタートさせる新・報道情報番組「ユアタイム」のイケメンキャスターに、耳を疑うような”疑惑”が浮上した。
学歴詐称、経歴詐称に、赤の他人の顔写真のパクリ疑惑。本誌記者の追及に、ついには自ら新たなパクリを告白した!】

 三月半ばにしては肌寒い日曜の夜九時前。
 その男はフジテレビの関係者に付き添われ、黒塗りのハイヤーから姿を現した。
 日焼けした浅黒い肌に、日本人離れした彫りの深い顔立ち。スリムな体にフィットしたスーツ姿は、ジェームズ・ボンド風だ。
「記事が醸し出す色んな空気感とか印象とかいうものが、場合によっては私の仕事に色んな大きな影響を与えて(仕事が)無くなるかもしれないというのは、十分に私は覚悟して来ています」
 眉間にシワを寄せ、トレードマークの低音の美声でこう述べた男の名は、ショーン・マクアードル川上氏(47)。二時間半に及ぶ“ショーン劇場”の始まりだったーー。
〈経営コンサルタント ラジオの経済番組を10年以上担当し経営者など500人以上と対談〉

削除された公式サイトの英文プロフィール


 こんなプロフィールとともに、川上氏が朝の情報番組『とくダネ!』(フジテレビ)にコメンテーターとして出演し始めたのは二〇一〇年のことだ。
東京のFM局で「ショーンK」として人気DJだった川上氏は、“イケメンすぎる経営コンサルタント”として主婦層を中心に人気を呼ぶ。
一五年四月からは『報道ステーション』(テレビ朝日)の木曜(現在は水曜)コメンテーターにも就任。
キャスターの古舘伊知郎(61)と組み、安保法案から人工知能まで幅広い知識を披露している。
 そうした実績を買われ、新たに川上氏が抜擢されたのが、フジテレビが「春の大改編」の目玉として四月四日から始める
平日深夜の大型報道情報番組『ユアタイム~あなたの時間~』のメインキャスターだ。
「視聴率低迷にあえぐフジが、『あしたのニュース』と『すぽると!』をつぶし、ワイドショー的なソフト路線のニュース番組として始めるものです。
キャスターは川上氏とモデルの市川紗椰(29)。亀山社長体制になってからの大改編でフジは失敗し続けている。
しかも『プロ野球ニュース』以来、定評のあった平日夜のスポーツ番組を打ち切るわけです。失敗は許されません」(スポーツ紙デスク)
 テレビ朝日との縁も切れるわけではない。
「『報ステ』は降板しますが、テレ朝とサイバーエージェントが組んで四月に開局するインターネットテレビ局『Abema TV』
の看板ニュース番組の金曜MCに内定しています。こちらはテレ朝が社運を賭けたプロジェクトです」(同前)
 この春、報道番組の一時代を築いた花形キャスターが軒並み入れ替わる中で、川上氏はまさに「新時代のキャスター」として脚光を浴びる存在なのである。
 ニュース番組のキャスターは、時には政治家以上の大きな影響力をもつ。川上氏のキャスターデビューにあたり、本誌はそのバックグラウンドを徹底取材した。
 川上氏の公式ホームページ「SEAN K〈www.seank.biz〉」。
 現在、このホームページにアクセスすると、表示されるのは「CONTACT SK/お問い合わせ」欄だけである。だが、川上氏のファンで、このサイトを以前からチェックしている人物は語る。
2:2016/03/17(木) 07:53:46.69 ID:
「最終学歴は東大です」というような経歴をアピールをしている人で、その実、大学院にロンダリングしているパターンはメディア業界でもよく目にする。
メディアへの露出がイメージビジネスである以上、「経歴を飾る」ためには最適なテクニックだからだ。

今回の件は、フジテレビは率直に言って「身体検査がなっていなかった」と言うことになるが、外国人に、日本人の弱い所を突かれてまったという印象もある。
日本国内でもよく分からないのに、海外の学歴となれば、なお分からない。

自民党の議員公募も始まるが、これで身体検査が厳しくなるのは必定だろう。余計な雑音にだまされず議員選びが出来ることは良いことでもあろう。
政治家に限らず、学歴などは、本来、その人の能力とは無関係であるはずだ。しかし、学歴以外でその人を客観的に評価する方法がなかなかない、とうのも事実だ。

手癖が悪くないかどうか、バカではないか、あるいは虚偽癖がないかなどを見抜く良い方法はないのだろうか。
6:2016/03/17(木) 07:57:28.63 ID:
これからはサンジャポファミリーで
8:2016/03/17(木) 07:58:36.07 ID:
いや、国籍すら…
11:2016/03/17(木) 07:59:47.42 ID:
川上なる男は実在すんの?
実はCGじゃないのか
そこから怪しい
20:2016/03/17(木) 08:05:07.81 ID:
>>11
声は誰がアテているんだ?
62:2016/03/17(木) 08:27:58.50 ID:
北里出た医者が、医者やりながら東北大学大学院に通い、卒業。
いつの間にか東北大教授に納まっている。

ちなみに点滴の成分の違いも判らないヤブ。
末期在宅患者のケア専門だから、細かい医療知識など
なくてもやってけるんだろうけどさ。
82:2016/03/17(木) 08:38:14.28 ID:
これは学歴詐称ではないが、さかなクンは素晴らしい学歴だぞ
神奈川県内の県立高校卒業後、動物の専門学校(のちに廃校)を卒業、
しかしその後の実績を買われ、国立大学法人・東京海洋大学の客員教授になり、
絶滅したと思われた魚を発見したり、天皇陛下からも絶賛されているからな


ショーン川上も、この成り上がり路線で頑張れば、
文春なんかに叩かれずに済んだのに、大変残念である
98:2016/03/17(木) 08:44:55.57 ID:
>>82
さかなクンは奇跡だよな
初めは客よせで呼ばれたんだろうけど自分で本物にした
120:2016/03/17(木) 08:50:09.05 ID:
>>98
詐欺師たちのレジェンドになれるかも
124:2016/03/17(木) 08:50:48.63 ID:
>>120さかなクンは詐欺師じゃないぞ
128:2016/03/17(木) 08:51:46.06 ID:
>>124
あ、ショーンコスギのこと
131:2016/03/17(木) 08:53:22.51 ID:
>>128
ショーンKも俺は嫌いじゃないけどなぁ
素質は悪くないと思う
しかもこのほら吹き加減にバカバカしい人間味を感じるww
86:2016/03/17(木) 08:40:16.04 ID:
学歴ロンダする奴は何なんだろうな
学者や院卒の卒業資格が必要な就職先ならわかるが
修士なら損では?
民間企業は研究者やメ-カ-以外必要ないわ大学院の学歴

俺は40代だけど今の若い奴はやたら大学院目指すのはなぜ?
111:2016/03/17(木) 08:48:34.12 ID:
学園大は難しい大学ではない
と言うか、問題は学力と言うより遊び人やだらしない人間が多い所
たまに大学生とは思えない人間がいるな
116:2016/03/17(木) 08:49:51.63 ID:
進次郎は関学中高→関学(経済)→コロンビア大学院だから
これは相当なロンダだな
118:2016/03/17(木) 08:49:55.93 ID:
順当コースだけでなく成り上がりコースもあったっていいと思うんだよね
世の中最初から出来のいい人間やお坊ちゃんお嬢さんばかりじゃないし、そういうのしか真っ当な成功例とみなされないのであれば世の中が固定的じゃん
ロンダ組も全然正解
141:2016/03/17(木) 08:57:03.94 ID:
>>148
(3/5)
・怪しげな雑居ビルに「支店」

 さらに日本の会社登記を調べていくと、役員として記載されているのは「ショーン・マクアードル川上」ではなく、「川上伸一郎」。
どうやらこちらが本名らしい。「支店」として記載されている東京・恵比寿駅前にあるビルの一室に赴くと、エステや整体、
競馬予想会社、果てはネット上で闇金業者と名指しされている金融会社まで入居するような雑居ビル。
一部屋わずか四・五坪で、一流コンサルタントがオフィスを置くのにふさわしい場所とは思えない。
 過去の雑誌連載ではクライアントの実名を挙げている。
〈ワーナーブラザーズの日本法人(中略)のライセンス事業におけるコンサルティングに携わらせていただいた〉(『月刊BOSS』〇五年十二月号)
〈一九九七年から九八年にかけて(F1チームの)マクラーレンのコンサルティングをさせていただいたことがあって、
そのうちサーキット内のパドックにも入らせてもらえるようになり、カーレースの醍醐味を知ったのだ〉(同〇六年一月号)
 だが、当事者は否定する。
「数年前に、プレゼンテーションの司会をお願いしたことはありますが、少なくとも商品化関係で仕事をお願いしたことはないはずです」(ワーナー エンターテイメント ジャパン担当者)
「この二十五年間、お名前は聞いたことがありません。鈴鹿サーキットなどへの招待客も把握しているので、もし来ていたとすればわかるはずなんですが」(マクラーレンスタッフ)
 さらに、驚くべきは、公式サイト内の「マネジングパートナー」の顔写真だ。
 ブラッド社には川上氏以外に三名の幹部がいる。米国グループ代表のジョン G マクガバン氏、欧州グループ代表のニコロ・デ・グルート氏、
在仏代表の大井大氏である。だが、検索をかけても該当する人物は見つからない。
そこで顔写真の画像検索を行うと、マクガバン氏とされる人物は、全く別人の顔写真と一致したのだ。
 写真の主は、米ミシガン州の不動産会社ホライゾン・グループ・プロパティーズのCEO、ゲイリー・スコイエン氏。
スコイエン氏が北イリノイ大学の学内誌に登場したときの顔写真と、スーツ、ネクタイ、チーフ、背景にいたるまで同一としか思えない。
 いったいどこまでが真実なのか――。取材班は川上氏の故郷、熊本市へ飛ん
だ。
 県立のトップ校である熊本高校や済々黌高校に落ちた生徒が進学するすべり止めの私立高校が、川上氏の母校だった。
 取材班は卒業名簿を頼りに、一学年全九クラスの同級生に電話取材を試みた。だが、
テレビに出ている「ショーン・マクアードル川上」が「川上伸一郎」だと気がついている同級生は一人としていなかった。
 高校三年生の時に撮影したクラスの集合写真では、色白で上品だが、現在のようなエキゾチックな顔立ちではない。
記者「川上伸一郎さんが、テレビに出ているショーン・マクアードル川上なのですが……」
同級生(パソコンで川上氏の画像を検索して)「うおー、見たことある、この人」
記者「面影は?」
同級生「まったく。顔が違います! 言われるまで、まったく気付きませんでした」
143:2016/03/17(木) 08:57:21.95 ID:
>>141
(4/5)
・あだ名はホラッチョ川上

 別の同級生の話。
「高校三年間、吹奏楽部でトランペットを吹いていましたよ。熱心に合宿にも参加して。
三年生の時の演奏会で、息が続かなくなって失敗したのか、うつむいていた記憶があります。顔立ちが整っていて、
確かパーマを掛け、身なりも清潔でした。でも、住み込みの新聞配達の話は、聞いた記憶はありません」
 当時のあだ名を、二人の同級生が覚えていた。
「“ホラッチョ川上”と呼ばれていました。熊本でホラ吹きという意味です。川上君が一年、二年の時を知る女子生徒がそう呼んでいました」(男性の同級生)
「口の悪い二、三人の男子生徒が、川上君を“ホラッチョ”とはやし立てていました。理由は聞いていないので分かりませんが」(女性の同級生)
 本誌は一連の疑惑について、フジテレビ広報部に取材を申し込んだ。そして締切直前、ついに冒頭のシーンとなったのである。
――テンプル大には本当に入学しているのか?
「テンプル大学ジャパンにまず入りまして、そのときは下落合にございました。まずはIELP(Intensive English Language Program)に入って、
そこから経済・経営の道に進もうと思って、フィラデルフィア(米国テンプル大学)に行かせてもらうんですが。
テンプル大学ジャパンのほうには十カ月はいなかったんじゃないかな。でも、若気の至りなんですが、お付き合いをしていた女性がフランス人だったので、
(学ぶなら)ヨーロッパじゃないかと。現地(フィラデルフィア)には三カ月しかいなかった。
 パンテオンソルボンヌ(パリ第一大学)には入っていません。オープンキャンパスの中で経済・経営だけ聴講したんです。
聴講とは何かというと、教授に名前だけ、『こういう者です。受けさせてください』というもので、
学校に入ったわけではないです。でも図書館も勉強室も使えますし、先生ともお話しできますし、非常に有意義だった」
 本人は「学位はない」と表現するが、要はテンプル大卒も虚偽なのだ。パリ第一大も正規の留学ではなかった。
「(パリでは)お金がないのでバイトしなきゃということで、コンサルタント会社のキャップジェミニから独立した方のところでレポートの翻訳のバイトなどをしました。
私は日本語も英語もできるので、フランス語から英語になったレポートを、英語から日本語にという感じで。
そのうち仕事が面白くなって、学校に戻るモチベーションが無くなって、つてのあるニューヨークでコンサルティング会社のインターンになりました。
でも、(金銭的に)しんどくて、いったん二十歳くらいで熊本に戻っています。
 ただ結局、熊本に帰っても何も無くて、東京の田無で家を見つけ、近くの英会話学校でバイトをするんですけども。
それもなんか違うっていうことで、ある方にコンサルタント会社を紹介していただいた。
“私はこれができます”と一生懸命プレゼンしました。英語でのインタビューもあった」
――何という会社か?
「日本LCAという会社です。京都で生まれた会社で、九〇年代前半には京都ではマッキンゼーよりも規模的には大きかった。
この会社には、生み出した価値の三・三分の一を報酬として出すというルールがありました。ちなみにこの会社が今日現在どうなっているかというと、
一部上場してその後管理下に入ってしまっていますね。当時は二十二、三歳くらいじゃないかと思いますが、それにしては高い年俸をいただいていたと思います」
――ハーバードのビジネススクールには行ったのか?
「その後、子会社のベンチャーリンクという会社に出向したんですけども、当時、私は相当な売り上げになりまして。
三・三分の一ルールだと報酬がえらい金額になると、会社といろいろもめた時期があった。
 だったらハーバードのMBAは無理だけど、お金を出せば参加できるセミナーがあるからと行かせてもらったのです。
オープンコースで、企業研修とかエグゼクティブ・エデュケーション・プログラムとか色々なメニューが二日コースから二年コースまであって、
その中の一つにまったく外部の人間として聴講させてもらいました。いわゆる修了証はありません。
 ただ逆に言うと、今私の持っている能力というのは、MBAの経営管理の勉強会や学校で教えたりもしていますが、
MBAで帰ってきた人間よりも多分詳しいと思いますよ。いろんな意味でコンサルティングの現場で必要なものは死ぬほど勉強しましたから」


広告
a8mat=2NFYDW+3U4L4I+50+2HHNXT" target="_blank">

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
アーカイブ
Amazonライブリンク
相互RSS・リンク募集中です
  • ライブドアブログ